Google
指定席観客から苦情「コースよく見えない」:節約で出費を抑える 節約生活で楽しく一年乗り切る
揺れるハートストレスコントロールダイエット 揺れるハート

指定席観客から苦情「コースよく見えない」


モータースポーツ富士スピードウェイで開催されたF1世界選手権・日本グランプリ(GP)で、
指定席の一部観客から「コースがよく見えない」との苦情が出た。
同スピードウェイは30日に会見を開き、該当指定席の入場料の一部を
払い戻すと発表した。対象は7000席で、払戻金額は総額約3億5000万円。

モータースポーツ問題となったのは、メーン直線の最終部分にある常設席上に作られた
仮設スタンド「指定席C」。
フリー(練習)走行があった28日に、
数百人の観客から「勾配(こうばい)がゆる過ぎ、
手前側を走る車が見えない」との苦情が寄せられた。
同スピードウェイでは料金6万1000円(すべて3日間通し券)のうち、
自由席(1万1000円)との差額5万円を指定料相当として払い戻すことにし、
場内で案内チラシを配った。

モータースポーツ加藤社長は「仮設スタンドの完成がレース開催直前で、
チェックが行き届かなかった」と説明した。
払い戻し方法は検討中。問い合わせは同スピードウェイ(0550・78・1234)。
また、今回の日本GPで観客輸送の問題が相次いだことが明らかにされた。
29日の予選終了後には、同スピードウェイ敷地内の移動用道路の一部が
降雨の影響などで陥没、観客約2万人が2〜3時間も足止めとなった。
決勝日には、修復された陥没部分チェックのため移動用バスの運行が遅れ、
観客85人がレースのスタートに間に合わなかった。

モータースポーツ加藤社長は、この85人に対し
「チケット代金、宿泊費などを全額負担したい」とした。【神保忠弘】
----------------------------------- 2007-09-30 毎日新聞より引用



雨富士スピードウェイでの日本GPは
レースそのものよりいろんな“不手際・不満の声”が聞かれました。
横断幕の件もしかり。
“TOYOTAによるTOYOTAのためのレース”だったという声も・・・猫
お弁当も出店料の影響で高額なものだったそうですね。がく〜(落胆した顔)
本田宗一郎氏が聞いたら“喝!”といわれるのではないでしょうか。たらーっ(汗)
【PR】F1関連ブログ

【PR】ミュージックとテレビをたのしむ毎日
【PR】中学受験チャレンジ
【PR】ダイエット!シーズン到来!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58175493

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。